header

整形外科

<骨折>
最近では、トイ犬種(トイ・プードル、パピヨン、チワワさんなど)やイタリアン・グレーハウンドなどの骨格の細い犬種の子が落下や転倒の際に骨折する例が多くみられます。特に前肢の先端(橈骨・尺骨)の骨折が増えています。

骨折の整復には、以下の大きく分けて3つの方法があります。

○内固定    プレートやピンによる手術を行い、皮膚の内側で固定する。
○外固定    ギブスなど。手術は通常必要なく、皮膚の外側で固定する。
○創外固定   骨にピンを刺入し、皮膚の外側でピン同士を固定する。

治療にあたっては、骨折部位や折れ方、飼育環境、性格、年齢などにより適切な固定方法を選択する必要があります。骨が治癒するまでには平均で2~3ヶ月 かかりますので、この間は折れた骨が動かないように固定を行います

骨折   骨折

折れてしまった前肢(橈骨・尺骨)

 

元の状態に戻してプレートで固定

骨折   骨折骨折

折れてしまった後肢(脛骨・腓骨)

 

元の状態に戻してプレートで固定

骨折   骨折骨折

折れてしまった後肢(足根関節成長板骨折)

 

元の状態に戻してKワイヤーで固定

骨折 骨折骨折

折れてしまった後肢(大腿骨粉砕骨折)

元の状態に戻してプレート・ロッドで固定

<前十字靭帯断裂>
【前十字靱帯とは】膝関節を構成する靭帯の一つで、膝の安定性に大事。
膝関節を構成する靭帯の一つです。 この靭帯は、脛骨の前方への突出、内側への回転を抑制しています。この靭帯が部分的もしくは完全に切れてしまった状態が前十字靱帯断裂です。前十字靱帯断裂は、犬では一般的な整形外科疾患の一つであり、関節の不安定性により痛み・関節炎を生じることがあります。加齢性および変性性変化が生じた結果、わずかな外力のみで生じてしまうことが多いと言われています。

【症状】急性では後足をあげたまま歩くなど。慢性では足を引きずるなど。
前十字靭帯断裂を起こすと、急性断裂の場合では後足をあげたままの跛行や少しだけ足を地面につけての跛行が見られます。慢性化したものでは、足を引きずる跛行や立ったり座ったりの動作がつらそうな様子も見られます。前十靱帯の断裂後、体重が軽い犬の場合は症状が和らいで跛行が目立たなくなることもありますが、体重が重い場合には変形性骨関節症(DJD)を引き起こし、さらに症状が悪化することがあります。この病気は加齢に従っての発症がよく見られますが、大型犬種では若齢での発症も見られます。

【原因】事故や激しい運動、肥満による膝関節への負担
事故や激しい運動(フリスビー、ボール遊び)などによって急激な圧力が加わることが、前十字靭帯断裂の原因となります。また、老化による靭帯の脆弱化や、肥満による膝関節への負担の増加が原因となる場合もあります。

【検査】触診とレントゲンが有効
前十字靭帯が損傷しているかどうかはまず触診によって確認します。関節が腫れて膝の動きにぐらつきが見られたらそれと疑います。そしてレントゲン撮影を行い、実際に関節がずれているなどの所見により判定を行います。関節鏡やMRIなどの装置を使ってさらに細かい検査を行うこともあります。

【治療】保存療法か外科療法を選択
前十字靭帯断裂の治療方法として、保存療法と外科療法があります。保存療法では、安静にする、抗炎症薬を投与する、などして炎症が治まるのを待ちます。外科療法では、切れた靱帯の代わりに膝関節の動きを安定化するため、靱帯の再建手術などが行われます。

前十字靭帯断裂   前十字靭帯断裂

十字靭帯断裂
脛骨(黄色矢印)のすべりが観察されます

 

手術後(関節外法)
代用靭帯にて脛骨のすべりが安定化しています

<膝蓋骨脱臼>
【膝蓋骨脱臼とは】
膝蓋骨(膝のお皿)が滑車溝と呼ばれる溝から外れてしまう病気です。

膝の内側に外れる内方脱臼と、外側に外れる外方脱臼がありますが、その発生頻度は圧倒的に内方脱臼の方が高いです。
特に小型犬(トイ・プードル、パピヨン、チワワ、ポメラニアンなど)に多くみられます。先天性であることが多いため、4~5ヶ月齢から症状が起こることがあります。

【症状】
片足を時々挙げる、突然キャンといって足をあげる、時々足が突っ張っている、スキップをする、などの症状が認められる場合には早期にご相談下さい。

【検査】
身体検査とレントゲン検査によって、病気の状態(グレード)を確認します。

膝蓋骨脱臼

脱臼した膝蓋骨(黄色)

【治療】
治療には保存療法(痛み止めの薬やサプリメントなど)と外科療法(滑車溝の溝を深くするなど)があります。
年齢、病気の状態(グレード)、痛みの状態により適切に治療法を選択する必要があります。

【予防】
整形疾患全般に言えることですが、体重管理(体重が増えると関節に負担がかかってしまいます)、生活環境(フローリングは滑りやすく、関節に負担がかかってしまいますので滑りにくいものに変更するなど)が重要になります。

<レッグ・ペルテス病>
【レッグ・ペルテス病とは】
大腿骨頭(ふとももの骨と骨盤とを連結している部分)の非炎症性無菌性壊死と定義される病気です。

【原因】
若い(特に成長期)小型犬に多くみられ、大腿骨頭への血流が阻害されることで骨頭が壊死をおこします。血流が減少する理由ははっきり分かっていません。

【症状】
後肢を痛がったり、かばって着地を避けるようになったり、股関節まわりを触られることを嫌がったりします。

【治療】
内科的治療(消炎鎮痛薬と休息による温存療法)が成功することは少なく、ほとんどの症例では、外科的治療(大腿骨頭および大腿骨頸の切除)を行なうことが多い病気です。
また、早期の良好な機能回復のためにも、手術後早期からのリハビリを行ないます。

患者様ご来院エリア:品川区 西小山 大田区 大岡山 北千束
【目黒洗足動物病院】 東京都目黒区洗足2-6-13  TEL:03-6451-0316
Copyright(c) 2012 目黒洗足動物病院 All Rights Reserved.